SPECIAL CONTENTS
スペシャルコンテンツ
遠藤知也さん

遠藤知也さん

ナカリ365日

精選オペレーター
ナカリ5年目

遠藤知也さん

ナカリ5年目 遠藤知也さん

加美町の小野田で生まれ育った遠藤さん。地元で生まれ、地元で働きたいと思った時にナカリには「やり甲斐」のある仕事がありました。

出社してから退社までの流れを教えてください。

早番なので朝は4時30には出社し、業務を行なっています。
工場の鍵を解錠するところから1日が始まり、主に精選オペレーターという、お米の「精米」に携わる部門で働いています。朝ごはんの休憩があり、昼過ぎには自宅に戻る。という生活を送っています。

昨年、第一子が生まれたばかりで、家にすぐに戻り子供の世話などをしながら、お昼を食べています。奥さんが3時半に起きてお弁当を作ってくれているので本当に感謝しています。

業務内容はどのようなものですか?

業務内容は主に精選オペレーターという、お米の「精米」に携わる部門で働いています。
株式会社サタケで作られた精米機などを使用しながら、モニターで精米歩合を確認し、各産地、米に合った精米のバランスに整え、機械で出来ないところを人間の目で補う作業です。米により水分量などの成分が違うのでその出来上がりを見ながらセッティングしています。

「精米オペーレーター」の腕によって、1%多く削るとそれだけ原価に大きくに関わってくるので慎重に行なっています。ナカリの全体の業績にも関わる仕事なので、非常に責任感の感じる部門です。

どのようなときに仕事のやりがいを感じますか?

機械と照らし合わせ、自分の目で確認したものと数値が理想に近いときに「よっしゃ!」と達成感を感じます。とても難しく繊細な作業なので達成感も大きいです。

ひとこと

地元で育ってきて、地元で働きたいと考えたことが実現しています。
昨年には子供も生まれてとても幸せな日常を送れているのも、支えてくれる家族、そしてナカリの工場長をはじめとしたスタッフのみなさんがいたからです。今後も工場の重要な部分を担う者として頑張っていきたいです。

CONTACT

お問い合わせ

お問い合わせについては
こちらからどうぞ

お問い合わせフォームはこちら

事業に関するお問い合わせや、産学共同については
こちらからお問い合わせください。

メーカー・メディア・教育機関の方専用
お問い合わせフォームはこちら