主食用上米及び特定米穀の加工販売・酒造米の精米および販売・肥料農業資材農薬の販売などお米のことならオールライスメーカー・ナカリへ
ナカリ株式会社
会社案内 オールライスメーカーとは? 米穀業界の現状と未来〜ナカリの挑戦〜 ナカリネットワーク ご意見・ご感想 資料請求・お問い合わせ
米穀業界の現状と未来〜ナカリの挑戦〜
米穀業界の現状と未来〜ナカリの挑戦〜
いままでも、これからも。オールライスメーカー・ナカリの3つの挑戦
1. 高品質・適正価格・安定供給のための取り組み
人材教育への取り組み
充実の生産設備と優れた技術 〜生産工程フローチャート〜
ISO9001(品質マネジメント)取得について

2. 環境への取り組み
ISO14001(環境マネジメント)取得について
カーボンフットプリント制度検証認定について
太陽光発電について

3. 食の安心・安全への取り組み
品質管理について
残留農薬測定システム
カドミウム測定システム
放射能測定体制

4. ニュースリリース
日経トップリーダーの中小企業ランキング
(2014年2月号掲載)
「七十七ビジネス大賞」受賞の記事
(2013/11/23掲載)
米穀新聞の記事
(2013/4/4掲載)他
米穀新聞の記事
(2011/11/10掲載)
『無洗米』について、ナカリ(株)にミヤギテレビが取材・放送
(2010/10/27放送)
トップページへ戻る

いままでも、これからも。オールライスメーカー・ナカリの3つの挑戦

高品質・適正価格・安定供給のための取り組み
高品質・適正価格・安定供給のための取り組み
人材教育への取り組み
充実の生産設備と優れた技術
ISO9001(品質マネジメント)取得について
環境への取り組み
環境への取り組み
ISO14001(環境マネジメント)取得について
カーボンフットプリント制度検証認定について
太陽光発電システムについて
食の安全への取り組み
食の安心・安全への
取り組み
品質管理について
残留農薬測定システム・カドミウム測定システム

代表取締役 中村 信一郎  昨今の米穀業界に於ける環境の変化は、他の業種同様にめまぐるしいスピードで推移しております。放射能汚染による国内の農作への不安、TPPの貿易に関する農業交渉の行方、減り続ける米の消費量、農業従事者の高齢化問題など課題が次々と発生しており、今後もこれまで以上に変化が訪れると予想されます。その変化にいかに適用した行動をとっていくかが会社の継続と繁栄のポイントであることは明白です。

 私たち、ナカリ株式会社は、こうした時こそ永年培ってきた経験と実績をもって時代の荒波へと果敢に挑み、米穀業界及び地域社会にとってなくてはならない企業として存在価値を高めることのできる好機と捉えております。

 そのために生産設備品質管理人材育成に一層の力を注ぎ、高品質・適正価格・安定供給の三要素を継続して提供していくことは責務だと心しております。その中で、食の安心・安全への取り組みとして、国際規格ISO9001の取得による、安全のための製造・品質管理体制の整備、また「「食品安全管理室」」を設置してカドミウム、残留農薬、放射線の測定等の管理を行い、安心のための情報提供も積極的に行っております。更に、環境活動への取り組みとしてISO14001の取得、環境にやさしいBG無洗米の導入、農水省6次産業化対策事業にて太陽光発電システム約100kW(太陽光パネル約1,000枚)の設置、そして"宮城県産ひとめぼれ"の米袋へのカーボンフットプリントの表示による低炭素化社会への啓蒙活動など、今後も積極的に推し進めて参ります。

 そして、これまでも常にお客様の声を業務に反映させながら、いつの時代にも良質のお米を提供してきたという自信と、皆様と築いてきた信頼がある限り、厳しい状況を乗り越えられると自負いたしております。

 これからもお客様の信頼に確実にお応えしていくという企業の使命に徹し、地域社会とともにさらなる発展を目指してまいります。

ナカリ株式会社代表取締役
中村 信一郎

活動の3本柱

ISO活動(9001・14001) / PEC活動(ムダ取り) / 労働安全衛生活動

 ナカリの活動は、3本柱の各委員会が中心となって、日々の仕事に落とし込んで実践しています。この継続した改善活動が、お客様のご要望への応えとなり、ナカリのファン作りに繋がっています。

3つのクオリティー

会社がキレイ、 社員がキレイ、 製品がキレイ

 日々の活動の成果が、ナカリの3つのクオリティーです。ナカリの活動は、見た目も中身もピカピカな成果を目指します。

『見える化』を通して活動 『見える化』を通して活動
▲『見える化』を通して活動
PEC活動(ムダ取り)を通して、徹底したムダの排除に取り組み、 各現場の取り組み成果を掲示し共有する事で、継続した改善を 行い、現場や社員のレベルアップを目指しています。
安全第一・効率第二
▲安全第一・効率第二
労働安全衛生活動はすべての基であり、“安全最優先”が企業活動の原点です。
私たちの決意
▲私たちの決意
全社員が1年間の目標を設定し、毎日利用するトイレへ掲示する事で自分の目標を再確認し、目標達成意欲を高め、日々の自己研鑽に取り組んでいます。
人材教育への取り組み
このページのトップへ戻る トップページへ戻る

ナカリ株式会社
(本社)〒981-4271 宮城県加美郡加美町羽場字山鳥川原9−28−4
TEL (0229)63-3167(代) FAX (0229)63-3859 e-mail : info@nakari.jp

Copyright(C) Sendai NAKARI. All Right Reserved

個人情報の取扱 トップページへ戻る ナカリ株式会社